カナダでLetsワーキングホリデー!自分の英語力をアップップ

国際交流

人気のアジアで学ぼう

国際交流

アジアの中でもタイは、留学に最適な環境として人気です。物価が安く学校が充実しているので、生活も勉強も不便することがないのです。学生には嬉しいプランもあるので、楽しく濃い生活を送れるでしょう。

» 詳細

快適に英語が学べる

教師

タイにあるプーケットは留学先として人気で、治安の良さやキレイな海が魅力的です。年齢に関係なく誰でも参加出来るので、豊富なコースの中から自分の学びたい内容でじっくり語学を身につけられるのです。

» 詳細

人気のスタイルで学ぶ

はじめてのセブ留学でも、こちらを利用すれば安心できます!専用の現地スタッフに頼れば、現地での生活もスムーズに送れます。

英会話スクールは新宿でChoiceできます!外国人講師の流暢なイントネーションも耳にできるので、早い成長を期待できますよ。

自分のスキルを身につける

国際交流

カナダやアメリカ、オーストラリアや韓国などの海外では、目的に適した外国語を学ぶことが出来ます。近年、グローバル化が進むことで、英語や中国語など様々な外国語が必要となってきています。仕事や学校でも外国語を使う機会も増え、日本語以外の言葉が求められる時代へと進化してきているのです。そのため日本の英会話スクールだけでなく、直接海外へ行って学ぶ人が急増しているのです。海外では留学やワーキングホリデー、インターンシップなど様々な形で行くことが出来るので、自分の目的に最適な形で外国語を学びに行くことが可能です。海外には旅行として行くことをイメージする人も多いでしょうが、語学目的で行くことも今では当たり前となっているのです。日本ではなく海外で外国語を学ぶ際は、まずどの形でどの国に行くのか明確にしましょう。明確にすることで計画が立てやすくなり、準備から出発までスムーズに行なえるのです。最近ではインターネットでも簡単に調べることが出来るので、まずは情報から集めてみると良いでしょう。

長く滞在しながら学べる

海外に最長で2年滞在することが出来るのがワーキングホリデーです。ワーキングホリデーは留学やインターンシップとは異なり、自由なスタイルで海外に滞在することが出来ます。語学の学校へ通いながらアルバイトをしたり、隣の国へ旅行に行ったりすることが出来ます。アルバイトすることで生活の必要なお金を自分で調達出来るので、海外に行きたいが予算の関係で難しい際にはワーキングホリデーが最適なのです。さらに外国語が話せない人でも現地で学ぶことが出来るので、安心して参加することが出来るのです。語学の学校へ通うだけでなく実際に海外で働くことが出来れば、スピーディーでネイティブな外国語を身につけることが出来ます。ワーキングホリデーはカナダやアメリカ、ドイツや台湾など約12の国で可能なので、申し込みする際は自分の興味のある国を自由に選べます。ですがワーキングホリデーに参加する際は、年齢や国によって決められた条件があるので事前に確認しておきましょう。

決められた条件とは

海外で外国語を学ぶ際に人気なのがワーキングホリデーですが、参加する際には決められた条件があります。専用のビザを取得する際には、行き先の国の定められた条件をクリアしていることが必須となります。国によって条件の内容が異なるので、自分の行き先の条件をクリア出来るか事前に調べておくことが重要となります。人気のカナダは、年齢制限が18歳から30歳までとなっています。さらに滞在期間は約1年で、就学出来る期間が半年となっています。この条件をクリアすることでワーキングホリデーとして参加することが出来るので、カナダを希望する際にはしっかり確認しておきましょう。逆にイギリスの場合は、滞在期間が最長の2年間となっています。就労期間や就学期間に制限がないので、長く自由に滞在することが出来ます。そしてどの国でも共通となっているのが、ビザの取得は1つの国で1回のみです。また30歳を過ぎてしまうと取得することが出来なくなるので、ワーキングホリデーに参加したい人は20代のうちに是非チャレンジしてみると良いでしょう。

見比べてみよう

ワーキングホリデーを希望している人の中には、どの国に行こうか迷っている人が多いでしょう。対象の国にはイギリスやオーストラリア、カナダやニュージーランドなど12の国があります。どの国でもワーキングホリデーとして行くことは可能なのですが、国によってそれぞれビザの内容が異なります。そのためどの国に行こうか迷っている際は、比較してみるのが最適な方法です。比較する際に見るポイントには、費用・滞在期間・年齢制限・就労期間・就学期間・求人・時給となっています。求人と時給に関しては平均的な情報となっています。これらを比較しながら国を選ぶことで、自分の目的に最適な国を見つけることが出来るのです。特に費用は30万円~90万円と大きな差があるので、予算と見合わせながら慎重に選びましょう。比較する際はワーキングホリデーだけでなく、留学やインターンシップなども紹介しているサイトから調べることが出来ます。インターネットサイトなので、スマホやパソコンを使っていつでも気軽に調べることが出来るので便利です。

現地の家族と過ごそう

ワーキングホリデーをする上で宿泊場所となるのが、現地に住んでいる家族の自宅です。ホームステイと呼ばれ、家族と一緒に生活するスタイルとなっています。ワーキングホリデーの際にはマンションの一室を借りるフラットシェアや学校の寮もありますが、初めて訪れた土地でサポートを受けながら生活するにはホームステイが最適なのです。ただ寝泊まりするだけでなく食事や休日を一緒に過ごすことが出来るので、郷土料理や地元の人から人気のスポットを体験することが出来ます。しかし外国語が話せないことで不安になる人も多いでしょうが、専門のコーディネーターが自分の語学力に合わせてホームステイ先をいくつか選んでくれます。そのため外国語が全く話せなくても、安心してホームステイすることが出来るのです。

キャンペーンの期間を設けているので英会話の申し込みを行ないたいと考えているならサイトを調べてみるといいです。

話題のスクールで学ぶ

英会話

大阪の英会話スクールはカフェスタイルで、今までとは違った空間の中で英語を学ぶことが出来ます。グループやマンツーマンでレッスンが受けられ、自分のレベルに合わせてくれるので無理なく学べます。

» 詳細